加害者になってしまったら相手に誠意を見せましょう

私は、ある日の夜、街頭もあまり無いような田舎の山道で、前方を走っていた車に追突をする事故を起こしてしまいました。その日はとても強い雨が降っており、普段にまして見通しが悪くなっていました。

雨がひどいので目の前には十分に注意をしていたのですが、ふとした瞬間に、助手席に置いていた傘が、運転席の私の方に倒れてきたので、それを元に戻そうと傘の方を見た瞬間、「ドン」という音がして、前の車に追突をしてしまっていました。

くるまその道は信号も無く、前を走っていた車とも十分車間距離を取っていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが、その「だろう」運転が今回の事故を招いてしまいました。急いで車を降りて前の方にお詫びをしましたが、前の方は割と高齢な方で、首を痛めている様子でした。

前の方が言うには、急に猫が飛び出してきたので急ブレーキをかけた瞬間、後ろを走っていた私の車がぶつかって来たとの事でした。

その時、「だろう」運転の怖さを身を持って体験いたしました。

その後すぐに警察と救急車と保険屋さんに連絡をして、警察の現場検証、保険屋さんに事故状況の報告、お相手の救急搬送と相手車両のレッカー移動まで一通り済ませて、その日の夜は自分の車で家まで帰りました。

翌日、保険会社の担当者から連絡が来て、いろいろと昨夜の事故の状況を再度聞かれ、「あとはこちらにお任せください」と言われtので、安心して過ごしていました。

そして事故の日から1週間ほど経ってからです。

保険会社の担当者から「お相手の○○さんが、事故の当日から謝罪も何もないので、今回の事故は人身扱いにしたいと連絡がありました」と連絡が入りました。

最初は何の事か正直分かりませんでしたが、どうやら事故には「物損事故」と「人身事故」の2つがあるらしく、この人身事故扱いになると、警察の判断で加害者である私の方に罰則が下るという内容でした。

その時私は反省しました。確かに逆の立場になってみれば、後ろから追突されてケガして入院しているのに、当の加害者から一切お詫びも何もないという事であれば、腹も立つだろうなと思いました。そこで、それからすぐに近くのお店で菓子折りを購入してお相手の病院へ行き、謝罪をすることにしました。

最少はかなり相手の方もご立腹でしたが、お話していくうちに気を収めて頂けたようで、最終的には人身扱いを取り下げて、物損事故扱いに変更までして頂き、示談成立致しました。この事故で、もし自分が事故の加害者になってしまった時には、相手に対して誠心誠意お詫びをすることが重要だという事を学びました。

交通事故で全損になったときの対処法

弁護士特約を付けていてよかった。

通勤途中、かなり細い路地を走っていた時のことです。対向車線も通ることのできないほどの狭さですので、前に十分注意しながら走っていました。

ところが、いきなり後ろからズドンという強い衝撃があり、むち打ちのような感覚を体験しました。完全におかまをほられた形であったのですが、相手の方には「あー迷惑だ。面倒なことになった」とこちらが悪いような表現を投げかけられました。

警察に連絡したのも私、保険会社についてのお話をしたのも私、事故の処理についてのことをすべてさせられたという感覚もありました。

警察の方は、流血の怪我や交通違反ではないのでお互いで話をしなさいと、事故証明の手続きだけしてくださって、あとは保険会社に任せることになりました。


しかし、驚いたことに相手の方は「相手の車も動いていたのだから、10対0はおかしい」と主張するのです。私は法定速度以下で前に向かって走っていて、後ろからあてられたのだから、それは納得できないと申しましたが、保険会社の方も相手の屁理屈に対応するのがしんどくなったのか、「どうしましょう」と持ち掛けてきたのです。

えー!っと思いました。よくCMでは「保険会社がすべて責任をもって」といっているのに、私が入った保険はそうではなかったのか、とショックを受けました。

どうしても、私は過失割合0で、自分の保険を使わない形をとりたかったので、そのためにどうすればよいか、ということを尋ねたいと思っていました。

そんな折、相手が「裁判しよう」と言い始めたそうなので、私も遠慮なく、弁護士特約を使わせていただくことにしました。

弁護士さんに、事故のことをもう一度相談することになるのかと、一瞬嫌気がさしましたが、特約を付けていたことで、事故の経緯は保険会社の資料がそのまま提出されたのは、私にとっては負担減でよかったです。

過去の事例から考えても、私に過失はないので、相手側も弁護士に相談したところで落ち着き、きっと裁判にはなりませんよ、とおっしゃってくれました。

実際、弁護士さんのおっしゃったとおりで、相手が私に責任を押し付けることは難しいと考えてトーンダウンし、裁判もなく、過失責任もなく、保険の等級が下がることもなく終わることができました。

弁護士さんという第三者の方に入っていただいて、相談させていただけたことで、保険会社との交渉がうまくいかないときにも、話ができる相手がいるという安らぎをえることができました。

弁護士特約は300~500円程度で付随することができる場合がおおいので、コーヒー1杯で安心を得られると考えると、今後もつけておこうと思いました。

当たり屋には要注意

ついこの間、私が加害者となってしまった事故のお話です。

私は、毎朝仕事前に寄るコンビニに入りました。買い物を済ませて車に戻ると電話が鳴り対応する為、しばらく停車したままでいました。

10分後くらいに、さぁ仕事と思い駐車場をバックで1mくらい下がった時にドンドンと車をたたかれる音が…

えっ!!なに!!

降りてみるとそこには人が…

そう!!車がバックしてきているのをわかってて歩行者がスマホをいじる振りをして車の後ろに歩いてきたのです。

実際にぶつかったら痛いので叩いたしたと思われる…

えっ!!バックカメラも見て人がいないこと確認したし、ちゃんと目視もしたしぶつかるわけがない……と思いながらも警察を呼ぶ流れになりました。

お相手はコンコンとノックしただけなのに肘をおさえて救急車呼ぶとか言ってます…

これって当たり屋やん!!!!

相手方の人相が悪かったのもあるので文句は言えず…そのうちに警察が来ました。

なんでも車が悪くなっちゃうんですね…

警察の方と一緒に防犯カメラ見たんですが相手方も今流行りのながらスマホで車が下がって来ているのに気づいてないけどちゃんと目視していたら車の方が気づいて止まれたとのことでした。

結果、人身事故扱いになりました。

後1年足らずでゴールドやったのに……

そんなことを言っても怪我をしている?

相手方がいる以上、仕方がないと思い相手方からは毎日電話が…現金払いで病院代や慰謝料、休業補償を払えとの毎日……

お金がない事を伝えると相手方の知人から借りてくれとのことで

明らかヤバいやつじゃん!!!!

ホンマついてないわ〜……

私は任意保険に入っていたのでそちらを案内し、保険をつかっての示談しかしないのでそちらとお話下さいの一点張りをしました。

おかげで毎日の電話はなくなりましたが本当に当たり屋っているんだ!!と確信しました。

後から警察に聞いた話なんですがこの相手方は、この事故の2日前にも停車中の車のドアにぶつけられて事故扱いにしているそうです。

お金に困ってもそんなことはしたらダメですよね…

車を運転する皆さん!!歩行者の方や自転車の方は車が止まってくれる車がよけてくれると思って運転していらっしゃる方もただただよく見ます。

事故の加害者になってしまう場合もありまた相手方が親切な方でしたらいいですが私のように難癖付けられることもあります。

これから年末年始でお出かけする事も多くなるでしょう。

是非、安全運転で気をつけて下さい。